Dekoちゃんねる!

2016年12月からは聖書を読んでの日記です

スポンサーサイト

Posted by dekoちゃん on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友からの贈り物

Posted by dekoちゃん on   0  0

一週間前、
薫夫人から贈られた花。



花


二階リビングに向かうと、
芳しい花の香に包まれる。

父の葬儀から二週間が経った。

先日、父の最後の住処となった施設の前を通った。
父がまだそこで生活をしているような錯覚を覚える。
 
母が亡くなった時はあまりに突然だったので混乱した。

父とは何年もかけてお別れの準備をしてきたので、
穏やかな気持ちで死を受け入れることが出来ていることに感謝。



スポンサーサイト

今日は、、、。

Posted by dekoちゃん on   6  0

今日は、母とお別れした日でございます。

今日一日泣かずに過ごせるかしら、、、。

と思っておりましたら、友人潮風薫夫人からカードが届きました。

dekoの母の命日を覚えていてくださったのですね。

そのカードは、
慰めの言葉が溢れている心温まるカードでございました。



中には薫夫人の今は亡きお母様の手作り作品の写真が


薫夫人のお母様がお描きになった色紙。
床の間で福笑いに興ずる子供の図。
母1
薫夫人はお母様のお描きになった色紙を、
季節毎に飾っていらっしゃいます。

よく見ると子供達は着物の下に毛糸のスゥエーターを着ています。
左の女の子は薫夫人でございましょうか。
末っ子らしい甘えた仕草がかわいらしいこと。
存命ならば103歳のお母様。
家庭をこよなく愛していた様子が手に取るようにわかりますね。



こちらは、薫夫人の子供時代のスゥエーターやカーディガンで作ったお人形。
母2
このお人形自体作られてから30年程経っているそうでございます。

どのお人形もポケットに手を入れて、
大きな目、愛らしいお口。
特に左端のお人形のお顔。
dekoには薫夫人そっくりに見えまする。



本日限り公開。(いちおうモザイクかけております。)
 薫夫人
いかがでございましょう。




薫夫人はお庭仕事にもいそしんでおられるご様子。

お庭1
左からカリフラワー、ブロッコリー、ほうれん草



丹誠込めたカリフラワー
お庭2



純国産のブロッコリー
お庭3


薫夫人のお母様も月子夫人のお母様も、しのぶ夫人のお母様もdekoの母も
もうこの地上にはいないけれど、
みんな母の残してくれたものを大切にして暮らしています。

今も感じる母のぬくもり。

今日も一日母に感謝して過ごしましょ。



ポチッとしたら素敵なブログが~
 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

新登場!こちらは人気ブログランキングのポチでございます。

brc9030

この人に惚れました

Posted by dekoちゃん on   4  0

昨日、小説家さまから、
dekoが高峰秀子さんに惹かれる理由は、、とのお問い合わせがありましたのでお答えいたします。


dekoは女優としての高峰さんに関して、
昭和30年代に活躍した大女優。
主に成瀬巳喜男監督、木下恵介監督の作品が有名。
、、、くらいの知識しかございませんでした。


2年ほど前だったと思いますが、
ブックオフなる中古書店に本を売りにいったおり、
「た」行で始まる作家田山花袋だったか、
田中康夫だったか忘れましたが、その作家を探そうとしていたとき、
たまたま高峰秀子さんの
「わたしの渡世日記下巻」
なる本を手にいたしました。
その装丁が有名な梅原龍三郎画伯のものだと知り、
それだけで即購入を決意したのでございます。

一ページ読んだだけで衝撃が走りました。
 
本に詳しく書いていますが、
彼女は小学校もロクに出ておりません。
それは、
彼女が5歳から子役としてデビューし大成功を収めたがために、
親戚縁者がよってたかって彼女にたかり、
彼女が働かねば皆飢え死にという環境になってしまったからです。

その後の人生はここでは書きませんが、
30代で木下監督のもとで助監督として働いていた松山善三氏と結婚。
助監督と言っても当時松山氏は貧乏青年でございました。

その後彼のサポートに徹し、50代で潔く女優引退。
エッセイを執筆したり、趣味の骨董を楽しみ余生を暮らしました。

彼女が芸能界にデビューして50年。
働きづめに働き身内の裏切りにも遭い、
恨みつらみで身悶えてるほどだったにもかかわらず、
「わたしの渡世日記」にはそんなどろどろが全くない。

その潔さに惚れたのでございます。

また、学校で学ぶ機会を失った彼女が書く生き生きとした文章。

これにも惚れ込みました。

もともとの彼女のアタマの出来もあるでしょうが、
学歴に頼らず一流のものに触れて
どん欲に学んでいったからだと思います。

一流の方々に人々に愛された性格も
彼女の天性の才能のひとつだったと思います。

彼女の生き方を知ってdekoもとっても励まされました。

過ぎ去った時間を嘆くのではなく、
与えられた人生を悔いなく生きる。



学ぶことはいつからでも始められるし、
学ぶチャンスはどこにでも誰にでもある、
ということを彼女の人生から学んだのでございます。

   
以上dekoが「彼女に惚れた理由」でございました。

本日は長文にお付き合い下さりありがとうございました。



昨日、潮風薫夫人からプレゼントが届きました。


111124a

薫夫人がドイツのドレスデンを月子夫人と旅したおり、
マイセンで購入したお皿に薫夫人自ら絵付けした作品でございます。
この二本のきのこ、夫婦のような親子のような、、、。
なんとも愛らしいきのこでございますね。
この作品を仕上げるのに、どんなに時間がかかったことでしょう。
もったいのうございます。

それと、防臭剤のセット。

111124b

このブログで加齢臭について書いた記事を読んでのご配慮でしょうか。
ありがとうございます。
さっそく、夫bokoに吹き付けます。
奥に写っているお人形は月子夫人から頂いたものです。
愛らしいこと。

では、今日も皆様お元気でお過ごし下さいませ。



↓ぽちっとしたら素敵なブログが~
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


聞いてみたはいいけれど、、、

Posted by dekoちゃん on   2  0

dekoの愛する友人潮風薫夫人がdeko地方を訪れました。
         ↑クリックすると過去記事にとびます。
多忙の合間をぬって、
星影月子夫人の森の隠れ家で落ち合うことに、、、。

御前会議ならぬ午後会議が行われた一室。

111109a
左:薫夫人     右:月子夫人

月子夫人「貴女いつも美しいわね、何かやってるの?」
薫夫人「知りたい?」

ということで、
dekoは薫夫人にその美しさの秘訣を直撃インタビュー。

まずは、朝の過ごし方について伺いました。

 今明かされる潮風薫夫人の華麗なる生活!

起床午前5時50分。
テレビ体操をしてから、おもむろにお風呂掃除に取りかかります。
前日の汚れを浴槽のみならず壁までも洗い落とします。

次、朝食の支度。
ちなみにご飯党。
ほか卵料理、前日のお味噌汁、納豆、のりと続きます。

納豆とのりは毎日摂られるとのことで、
美の秘密はここにありと判断いたしました。

それからお庭へと出られ、
お庭仕事に従事されましてございます。

一仕事終えてから、一人静かにバイブルをお読みになります。
(毎日ですよ、すごいですね。)

その間、ご主人さまは愛犬とお散歩いたします。

ここで加山雄三氏と同じく
湘南育ちのKOボーイであらせられたご主人さまを
なんとお呼びしているのか伺ったところ、
「オレ」でございました。
用例:薫夫人「ねぇオレ、なに食べる?」オレ「オレ、あれ。

戻られたところで、ご一緒に朝食。

ここで7時50分となっております。

朝食後、後片付けをしてから、今度はお掃除に入ります。

まず、水と重曹を電解洗浄水生成器で4時間半かけて
電気分解させた液を薄めた水で、
家中すべての床を四つん這いになって拭き掃除。

ナイスバディの秘密はこれだったんでございますね。

トイレも2カ所掃除、台所、家電製品も毎日お拭きになります。

その間、
洗濯機をまわし干して9時40分にはお出かけになられます。はぁ~~

ここまで伺って、午後のスケジュールを聞かずとも、
dekoには参考にならぬと諦め
話題チェンジいたしましてございます。

111109k

薫夫人のお庭の収穫物かりんでございます。
今年は2個収穫できたそうでございます。
向こうの6本の木は今年の台風の潮風の被害で、
半分茶色に枯れてしまったそうでございます。


そして、これは本邦初公開!
薫夫人のポーセリンアート初期作品の「祈る天使」と
なんとまた月子夫人作「彷徨うかも(鴨)、、、」でございます。
111109s
撮影場所:deko宅お手洗い特設展示場
薫夫人、月子夫人、dekoの三人で
ポーセリンアート教室に通っていた頃が懐かしゅうございます。

あの頃学生だったご子息も今は俳優としてご活躍。
キリンビール、味の素などのTVCMのナレーションもしています。
月日の経つのは早いものでございます。


それでは、最後にポーズをとっていただきましょう。

はい、ポーズ!


シャキーーーン!

111109b

このお写真は、
友人のご子息の結婚式に出席後のお召し物です。
普段はとっても気さくな奥様でございます。

薫夫人、また会いましょうね~。

あっ、肝心の就寝時間をお聞きするのを忘れたっ!

薫夫人に後で聞こ。



↓清き一票を~~!プチっとお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



最後まで読んでいただきありがとうございました。

麗しのご子息はアクターです

Posted by dekoちゃん on   5  0

お美しい潮風薫夫人から、
心待ちにしていたカードが届きました。

スコットランドロイヤルスコッツマンの旅で購入されたカードでした。

カードには、
deko家族への温かい励ましが満ちていました。


card10
ここは、エジンバラで最初のpublic parkだそうです。

このカードでも描かれているCalton Hllの近くの塔。

薫夫人からいただいたお写真にも写っていました。




kaoru10


カードには、
先週薫夫人地方に台風が直撃し、
お庭の植木などにも潮風の被害が出てしまったことが綴られてありました。

ガーデニングに精をお出しになっている薫夫人。
無理なさらず、少しずつ取りかかってくださいませね。



また、先の台風では停電になったそうでございます。
その時、薫夫人が定めた暗闇の中でお出来になる3つのchoice、

  
     祈る
    食べる
     寝る  



の中から寝るをchoiceされたとのこと。

ご主人さまとどんな楽しい時間を過ごされたのでしょう。

dekoはドキドキしながら、想像を膨らませたのでありました。

ところで、
薫夫人の姪の息子さまは、
熊川哲也氏のKバレエカンパニーのアーティストでいらっしゃいます。

お父様がロンドン勤務の時、ロシアのバレエ団の白鳥の湖をご覧になって感動。

それを機に、バレエの道にお入りになり今日に至っているとか、、。

deko地方にも公演にいらっしゃるようです。

バレエはロシア国立ボリショイバレエの白鳥の湖を一度観ただけですが、
鍛え上げられた人間の身体はなんと美しいのだろうと、
感激した記憶がございます。




またアーティストと言えば、
薫夫人のご子息さまも俳優をされており、
このたび、キリンビールのCMのナレーションも始まったそうでございます。

dekoもキリンビール応援致すぞ!



薫夫人は来月deko地方にいらしてくださるとのこと。

お目もじ楽しみにしております。


dekoはあらゆる困難を乗り越え  馳せ参じますぞ!


是非、暗闇でおやすみになった夜の出来事をお聞かせください。


ふ~ふっふ


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


おらにもぼちっ↓とお願いね。
 にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

↓もひとつぼちっとお願いします。


ありがとうございました。

心温まるカード

Posted by dekoちゃん on   0  0

dekoの友人潮風 薫夫人は、
遠くに住む20年来の友人です。

知り合った当時、
dekoの住む街にご主人さまの転勤で転居された薫夫人と、
同じ教室で学びお知り合いになりました。
そして、
住んでいた地区が同じだったことから、
薫夫人の愛車で通わせていただくことになり、
一年間の教室を終了するころには、
すっかり親しくなりました。

その後、
ご主人が本社に戻られ、
薫夫人とも頻繁にお会い出来なくなり、
十年余りが過ぎました。

でも、その後も途切れる事なく、
毎月のようにカードで近況をお知らせしてくださいます。

先日届いたカードは、
dekoと共に親しい星影月子夫人と共に旅した、
スコットランドで購入したカードでした。

card-b_20110915142809.png
カードの裏には近況とともに、
deko家族への優しい言葉が溢れています。






card-a

このカードは、以前いただいたカードです。

犬や猫が大好きなdeko。

薫夫人の配慮がとっても嬉しかったです。

ちなみに一番下真ん中に座っている猫は、
dekoの飼い猫ラムネにそっくりです。

今や電子メールで、
すぐに情報のやりとりができる時代になりましたが、
こうしてカードやお手紙で近況を報告できることを、
大切にしたいと思います。

カードを受け取ったdekoは、
薫夫人に手紙で近況をお知らせしています。

そのかわりと言ってはなんですが、
切手はその季節を意識して選んでいます。

最近、
池田理代子さんの「ベルサイユのばら」の記念切手を購入しました。

来月の手紙を出す時、使いたいと思っています。

ポンパドール夫人に似ている薫夫人。

気がついてくれるかしら、、、。

薫夫人のように思いやりに溢れた女性と知り合う事が出来て、
dekoはしみじみ幸せだと思います。

dekoはこんな優しい女性に憧れます。




ご訪問ありがとうございました。
ぽちっとしてくだされば、励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。