FC2ブログ
 

スポンサーサイト

Posted by dekoちゃん on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この人に惚れました

Posted by dekoちゃん on   4  0

昨日、小説家さまから、
dekoが高峰秀子さんに惹かれる理由は、、とのお問い合わせがありましたのでお答えいたします。


dekoは女優としての高峰さんに関して、
昭和30年代に活躍した大女優。
主に成瀬巳喜男監督、木下恵介監督の作品が有名。
、、、くらいの知識しかございませんでした。


2年ほど前だったと思いますが、
ブックオフなる中古書店に本を売りにいったおり、
「た」行で始まる作家田山花袋だったか、
田中康夫だったか忘れましたが、その作家を探そうとしていたとき、
たまたま高峰秀子さんの
「わたしの渡世日記下巻」
なる本を手にいたしました。
その装丁が有名な梅原龍三郎画伯のものだと知り、
それだけで即購入を決意したのでございます。

一ページ読んだだけで衝撃が走りました。
 
本に詳しく書いていますが、
彼女は小学校もロクに出ておりません。
それは、
彼女が5歳から子役としてデビューし大成功を収めたがために、
親戚縁者がよってたかって彼女にたかり、
彼女が働かねば皆飢え死にという環境になってしまったからです。

その後の人生はここでは書きませんが、
30代で木下監督のもとで助監督として働いていた松山善三氏と結婚。
助監督と言っても当時松山氏は貧乏青年でございました。

その後彼のサポートに徹し、50代で潔く女優引退。
エッセイを執筆したり、趣味の骨董を楽しみ余生を暮らしました。

彼女が芸能界にデビューして50年。
働きづめに働き身内の裏切りにも遭い、
恨みつらみで身悶えてるほどだったにもかかわらず、
「わたしの渡世日記」にはそんなどろどろが全くない。

その潔さに惚れたのでございます。

また、学校で学ぶ機会を失った彼女が書く生き生きとした文章。

これにも惚れ込みました。

もともとの彼女のアタマの出来もあるでしょうが、
学歴に頼らず一流のものに触れて
どん欲に学んでいったからだと思います。

一流の方々に人々に愛された性格も
彼女の天性の才能のひとつだったと思います。

彼女の生き方を知ってdekoもとっても励まされました。

過ぎ去った時間を嘆くのではなく、
与えられた人生を悔いなく生きる。



学ぶことはいつからでも始められるし、
学ぶチャンスはどこにでも誰にでもある、
ということを彼女の人生から学んだのでございます。

   
以上dekoが「彼女に惚れた理由」でございました。

本日は長文にお付き合い下さりありがとうございました。



昨日、潮風薫夫人からプレゼントが届きました。


111124a

薫夫人がドイツのドレスデンを月子夫人と旅したおり、
マイセンで購入したお皿に薫夫人自ら絵付けした作品でございます。
この二本のきのこ、夫婦のような親子のような、、、。
なんとも愛らしいきのこでございますね。
この作品を仕上げるのに、どんなに時間がかかったことでしょう。
もったいのうございます。

それと、防臭剤のセット。

111124b

このブログで加齢臭について書いた記事を読んでのご配慮でしょうか。
ありがとうございます。
さっそく、夫bokoに吹き付けます。
奥に写っているお人形は月子夫人から頂いたものです。
愛らしいこと。

では、今日も皆様お元気でお過ごし下さいませ。



↓ぽちっとしたら素敵なブログが~
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

-4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.24 08:51 | | # [edit]
deko says...""
鍵コメさま
はい。深呼吸して。
落ち着いて行動なさいませよ。
後ほど、
そちらのケータイにメールしますわ。v-6
2011.11.24 09:05 | URL | #L8AeYI2M [edit]
cocco says...""
こんにちは♪

みどものブログをPRして頂きましてありがとうございます。
小説家だなどと、こりゃまたブタをその木に登らせちゃって。

みどものリクエストにお応え下さいましてありがとうございます。
人生は、どこに出会いが待っているかわかりませんね。
ブックオフで、高峰秀子さんに遭遇しなければ
もしかすると、今頃、“何となく田舎教師”というHNで
ブログデビューしていたやもしれませんね。

過ぎ去った過去を嘆くのではなく
与えられた人生を悔いなく生きる

試練を乗り越えてきた高峰秀子さんだけに深い言葉ですね。
私も信条として生きてまいります。
素敵なお話をありがとうございました。

マイセンのお皿の絵付、プロのお仕事にしか見えません。お上手ですね。
それと、月子さまから贈られたお人形、まるでdekoさんのようです。

素敵なプレゼントの数々・・・
dekoさんのお人柄の為せる業でございますね。


2011.11.24 11:12 | URL | #ADxYMoq2 [edit]
deko says...""
子豚のcoccoちゃんv-16
登っておくれなまし。
真珠も待ってるっす。

“何となく田舎教師”
ぶぶっ  受けだず。おら、腹いでえ。
ほんとに、人生何があるかわがらんもんよ。
んであんどき、「た」行の誰を探してたのが、
いまだに謎なんだなっす。
気になるどころだす。
もすかすて、ねっちゃの小説「た」行で始まる名前で書いでねえっすか?

プレゼント。
おらなんにもお返しするごつできねえからよ、
ひたすら名前入りクッキー焼ごうと思ってんのす。
んだって、世界にひとつしかねえもんな。
おらの作った名入りクッキー。
ながながアタマっこ使うんだす。
あんまし使うと知恵熱出るからよ。
このくらいにしとくっす。v-428
2011.11.24 11:32 | URL | #L8AeYI2M [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tenngoku1123.blog121.fc2.com/tb.php/280-97ce1e67
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。