Dekoちゃんねる!

2016年12月からは聖書を読んでの日記です

スポンサーサイト

Posted by dekoちゃん on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナーの趣旨を考えて、、、

Posted by dekoちゃん on   0  0

今日は朝からシゴト。

しかし、ココロここにあらず状態。
まず海外旅行に出発した友人の依頼で、
アレンジフラワーを頼まれ花屋さんに行くが、
昨日のオルガン生徒役のことでアタマがいっぱい。
予算だけ言って花屋さんにお任せして花を選んでもらったが、
よく見ると全く私の好みの組み合わせではなかった。

ほんとうに私のアタマは容量が小さいので、
何か大事が始まると他のことはフリーズ。

それでも何とか花を仕上げ、次はシゴト場の掃除。
ここでもぼ〜っと掃除機をかけていたので、
気が付くと同じ場所を何度も掃除していた、、、。

昼食後、オルガンレッスン会場へと向かう。
早めにに行き、一昨日聞いた課題曲も練習。
師匠が来た。
今回の生徒役の依頼のいきさつを聞くと、
私はピンチヒッターではなく、
元々今春のセミナーで依頼する予定だったのが、
義母の容態悪化で見送っていたということだった。
師匠に義母は今は一旦安定しているが、いつ状況が変わるかわからないと伝えた。
師匠は「それは誰にでもあることだからね」と承諾。

そんなこんなで、
今回の生徒役は謹んでお受けすることになった。

ところで、受ける時私が
「先生の顔に泥を塗ることになるかもしれません」と告げると、
師匠は「あ、それは大丈夫」と言ったのだが、、。
この師匠とのやり取りでセミナーの別の側面に気がついた。
私はこのセミナーには、
大先生から曲の指南を受けることが目的で参加していたが、
プロの先生がたは大先生から直接演奏の指導を受けない。
生徒役はみなアマチュアのひとばかり。
、、ということはあのセミナーは、
プロのかたがたが、
大先生からアマチュアへの指導のポイントを学ぶという趣旨もあるのだろう。

そうだとしたら、
生徒役は指導の余地がないほど上手な人でもいけない。
ううむ、これで私に白羽の矢が立ったことに納得。
ミスをしてもいいのだ、
生徒役なんだから、、、と考えることにした。
 
とにかく、セミナーまで一ヶ月。
次回のレッスンは一週間前倒しして来週にした。
大先生に習うのだ!
少しでもレベルの高いレッスンになるように私も気合を入れよう!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tenngoku1123.blog121.fc2.com/tb.php/426-90cd3f16
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。