Dekoちゃんねる!

2016年12月からは聖書を読んでの日記です

スポンサーサイト

Posted by dekoちゃん on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のつかえが取れた!

Posted by dekoちゃん on   0  0

いよいよオルガンのセミナーが迫ってきた。

例年ならこの季節、
畑の冬支度や寒さに備えて防寒着のチェックなど、
生活面に気を配るが、
先月末、師匠に生徒役を依頼されてからというもの、
アタマの中はセミナーのことでいっぱいだった。

明日はセミナー前の最後のレッスン。
、、といっても最終チェックで一回さらってオシマイだろう。
セミナーのリハーサルも、
新人の私は当日の一番始めの時間が割り当てられたので、
午前と夕方二回会場に足を運ぶことになった。
こうなると一日がかり、、、。

私が担当する時間、
疲れ果てて集中力がなくならねば良いが、、、。

こんなことを考えながら、
ため息まじりで練習していたら夫が帰宅。
郵便受けから私宛ての小さな封筒を持ってきた。

「あっ!」
嫁から私宛ての封書だ。
連休で配達が遅れたのだ。

なんだか心がぱあっと明るくなった。
急いで開けた。

 プレゼント


折り紙を開くと嫁からのお祝いメッセージ。

このキャンディのようなものは、、、、。

プレゼント2


嫁がオリーブオイルで作った石鹸。
三ヶ月熟成して作ったもの。


息子が結婚してから、
嫁は毎年私にブランド物のバースディプレゼントを贈ってくれた。
しかし、若い二人は何かと物入りだろう。
そんなわけで、
私は今年からは手作りのものをとリクエストしていたが、
それを嫁は覚えていてくれたのだ。

正直言って、この二日間。
とても寂しい気持ちでいた。
9月に嫁が来た時、
「誕生日には手作りの石鹸送りますね」と言っていたのに、
私のことなんて忘れちゃったんだ、、とクサっていた。
でも、これで俄然力が湧いてきた。

早速嫁にお礼の電話をした。
嫁は慣れぬ地で普段あまり人と話さない生活をしているらしく、
ものすごい早口であんなことこんなこと近況をバーっと話した。
私はふうんふうんと聞いていた。
心の中に温かいものが流れてきた。
気が付くと30分経っていたので「じゃそろそろ、、」と電話を切った。

嫁と話して心が軽くなった。
これからは月に一回でも「どうしてる?」と気軽に電話してみようかな。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tenngoku1123.blog121.fc2.com/tb.php/436-6116a995
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。