Dekoちゃんねる!

2016年12月からは聖書を読んでの日記です

スポンサーサイト

Posted by dekoちゃん on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冗談みたいな話

Posted by dekoちゃん on   2  0

一昨日シゴト帰りに父の施設に寄った。
父はその直前、豆まきの豆を床に落とし、
それを拾おうとして車いすから落ち、
またしても職員さんが来てちょっとした騒ぎになったと落胆していた。

先日はトイレで血圧が低下。
この一週間で二回も騒動になった。
本人も何かあるたびに人の手を煩わせる事に疲れた様子。

帰宅後、夫から同僚が危篤状態になっていることを聞く。
私と同年代の彼だが、まだ幼い子供がいる。
末期がん。
優秀な方だけにやりきれない思い。

そんな時、私に夫を通して、
この春から某ガッコウである科目を担当しないかと、
シゴトのお伺いがきた。
驚いた。

「センセイ」と呼ばれる職業でおカネを貰うのは、
実に30年ぶり。
年だけはベテランの域だが、実力は新米だ。
 
「考えてみようかな」と私が言うと夫は意外な顔をした。
まさか引き受ける前向きに検討するとは思わなかったのだろう。

大体通勤に時間がかかる。
以前の私の健康状態ならそれだけでパスだった話だ。
けれどもオルガンを習うようになってから、
私も定期的に外出することに慣れてきた。
それに私は今までたくさんの人にお世話になって生きてきた。
同年代の方が危篤状態ということもあり、
50を過ぎた私に残された時間を考えると、
社会に恩返しをする時間が十分にあるわけではないとも思われた。

私でもいいとおっしゃるなら受けてみようかとも思う。
オルガンを習うようになって私自身の意識が変わった。
ダメだと決めつけず一歩踏み出すと見える世界もある。
名前が上がるだけでもありがたい話しだと思う。

思案していたらなんと久々に息子から電話。
義母の葬式以来だから一ヶ月ぶりか、、。
内容は他愛もないことだったが、
ついでに今回のシゴト依頼の件を話してみた。
「お母さん、嬉しいそうだね。
で、どうなの?教えられるの?」と言ったので、
「そうね、(後期研修医の)アナタが前期研修医を教えるような感じかもね」
と言ったら、笑っていた。

まずは、
この件に関しては、
先方には私以外に適任者がいるか検討してもらうつもり。
その結果を聞いてまた考えよう。

関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

トム says..."豆炭がスキ"
豆炭が眠らせてくれないんですね。
2015.02.03 17:30 | URL | #TsdIf9SA [edit]
デコちゃん says..."トムさま"
いえいえ、豆炭のお陰でぐっすり眠れます。
豆炭バンザイ!\(^o^)/

※このコメントは本文とは関係ございません
2015.02.03 19:45 | URL | #L8AeYI2M [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tenngoku1123.blog121.fc2.com/tb.php/451-bdc7643f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。